通販で薬を購入する

薬を買うにも、その選択肢は多すぎます。 それ以前に、自分の症状とその原因を正しく判断したうえで、薬を選ばないと最悪の場合重症化することもあります。 では、薬を選択する方法はあるのでしょうか。 通販で薬を買うにあたって、どんな判断のもと薬を選ぶのが良いのか考えていましょう。

自分の症状を診る

病気の時はつらいですよね。
起きたらフラフラして、病院に行くのさえキツイ時もしばしばあります。
そんな時、通販で薬を届けてくれたらとてもありがたいことですね。

実は、すでに通販で薬を販売している業者の方々は多く、その販売ルートや信頼性など様々な種類があります。
カタログを見ると、よく目にするメジャーな薬から海外産のマイナーな薬まで様々なラインナップとなっています。

各薬にはその薬の持つ効果や対象者、使用してはいけない人など説明書きがあります。
しかし、近年この表記をめぐって様々な問題が起こっています。

病気が治るわけではなく、これ以上の悪化を抑える目的で使用される薬は、予防薬と呼ばれています。
対して、病気の状態がある状態から見て改善されるという薬を治療薬と呼びます。
しかし一般にこの事実が広まっておらず、よく聞く名前だからと薬を服用していても実は予防薬であって、治るのは体の自然治癒に任せている、というものも多々あります。

自分の症状がひどく、今これを何とかしたいと思っているときに予防薬を飲んでも、残念ながら効果はありません。
この場合は、即効性のある改善薬を服用するべきです。

さらに豆知識ですが、即効性の薬と遅効性の薬があります。
即効性の薬は薬そのものが薬理活性を持っているもの。
遅効性の薬は薬そのものに薬理活性はないけれど、体内で代謝されることで薬理活性を発揮するものです。
後者のものはプロドラッグといわれ、商品紹介にもよく用いられます。
プロフェッショナルが作った薬ではないので、絶対に勘違いしないようご注意ください。

このように、通販という個人の選択で左右される局面では自分で正しい知識を持つことが重要です。
日ごろから、まわりのうわさや自分の思い込みに左右されないはっきりとした知識を身に付けるようにしましょう。

おすすめリンク

薬の法律とは

通販で薬を販売しているとはいえ、なんでも販売許可が下りるわけではありません。 また、薬の表記をめぐる問題も様々起こっています。 しかし、法律に守られているとはいえその内容を知らないのは、自分がトラブルに巻き込まれる可能性もあります。 まずは大雑把にでも、通販における薬の販売規制を勉強しましょう。

自己判断で買う

薬を買うにしても、病院で診てもらうのが一番です。 しかし、事情は常にあるもので、病院に行けない人もいます。 仕事が忙しかったり、病院まで行く元気がなかったり、そんな人に通販の薬販売は便利なものです。 しかし、結局は自己責任で買うというのが今の現状のようです。