>

薬の法律とは

サイトの信頼性を見極める

薬を買おうと意気込んでも、その販売サイトは多数あります。
まずは、そのサイトの安全性を見極める必要があります。

まず最初に確かめるのが、店舗名称が厚生労働省のホームページに記載されているかどうかです。
また、写真の掲載および業務内容の詳細を記載しており、この会社が実在することを確認します。

このように慎重にホームページを吟味するのには理由があります。
残念なことに、偽装した薬が世の中に出回っていることがあり、実際にこの偽装役を服用して亡くなった方がいらっしゃるためです。

また、偽装薬の中には正規品を半分ほど混合させ、なかに覚せい剤などの違法ドラッグを混入させているケースもあります。
他にも、不衛生な環境で作ったために有害な細菌の混入がある場合もあります。

このように、その店舗の信頼性を確認できないまま購入手続きを行ってしまうと、非常に危険のある薬を取り寄せてしまうことになりかねません。

説明書きを信頼しすぎない

商品の中には、いかにも薬の専門家が書いたであろう文言で、上手に説明を加えているものがあります。
もちろん、本当に薬剤師の方が製造し、その商品を説明しているのならよいのですが、中には素人が似たような薬品を間違えて書いていたり、きちんとしたデータの裏付けがないのに、あたかもそのような効果があるような書き方をしているものがあります。
実際にこのような表記が問題となり、違法扱いとなったこともありました。

ですので、その際との安全性を確かめる上でも、サイト内の言葉だけで判断するのではなく、そこで買おうとしている薬の効果について、他の情報ページも並行して探すのがよいでしょう。

これは通販だけでなく、世に出回っている商品ほとんどにいえることなので、悪徳業者に騙されないよう日々注意を心がけましょう。


この記事をシェアする